紫外線による肌への影響とは?【しわ・たるみ・黄ぐすみ】

紫外線をあびると肌が老化します。

紫外線をあびている女性

紫外線が肌にあたえる影響

  • キメがみだれる
  • シミ・そばかす
  • 黄ぐすみ
  • しわ・たるみ

キメが乱れる

キメが乱れた肌

出典:資生堂 本気の美容事典

紫外線をあびる前は

きちんと整っていたキメが

紫外線を浴びた後は

ほとんどなくなってしまいます。

乾燥細胞が増える

乾燥細胞が増える

出典:資生堂 本気の美容事典

紫外線をあびる前は

角層細胞に「潤い細胞」がたくさんあります。

しかし

紫外線を浴びて7日たつと

「乾燥細胞」が増えてしまいます。

水分量が少なくなる

水分量が少なくなった肌

出典:KOSE

20~30分あびただけで

肌の水分量は少なくなります。

  • 通勤
  • 散歩
  • 洗濯ほし
  • ジョギング

 

こんなちょっとした時間にも

日焼け止めをぬらないと

肌にダメージを受けてしまって

肌の水分が少なくなります。

洗濯ほししている女性

肌の水分が少なくなると

角層の細胞がうまくはたらかなくなって

バリア機能がさがります。

バリア機能とは

肌のバリア機能

出典:渋谷セントラルクリニック

  • 紫外線
  • 乾燥

から肌を「バリア」して守り

肌の水分が蒸散するのを防ぐはたらきです。

バリア機能が下がると

潤い細胞 乾燥細胞

角質内に「乾燥細胞」が増えて

キメが乱れてしまいます。

シミ・そばかす

シミ・そばかすのある肌

日焼けすると

肌内部でメラニンが生成されます。

メラニンがうまく排出されないでたまってしまうと

「メラニンをつくれ!」

という指令が止まらなくなるので

メラニンが肌にたまって

シミのもとになります。

黄ぐすみ

黄ぐすみのある肌

出典:Yahoo!JAPAN

年をかさねるにつれて

肌が黄色っぽくなる「黄ぐすみ」

紫外線が原因です。

紫外線をあびると、真皮のタンパク質に

カルボニル化という現象がおこります。

カルボニル化

出典:Yahoo!JAPAN

これが黄ぐすみの原因です。

40代になるとなりやすいと言われています。

カルボニル化はこわいです。

「糖化」よりも

肌を黄色くしてしまいます。

しわ・たるみ

しわ・たるみのある肌

出典:たるみ改善エイジング美容

紫外線をあびる量が多いと

 

  • コラーゲン
  • エラスチン

 

がダメージを受けます。

 

フェイスラインがたるむ

フェイスラインがたるんだ肌

コラーゲンやエラスチンは

ハリや弾力のもとなので、

ダメージを受けて少なくなると

 

  • 顔にシワがめだったり
  • フェイスラインがたるんできたり

 

します。

紫外線のダメージで肌があれると

 

  • 肌が黒くなりやすい
  • ヒリヒリ赤くなりやすい

 

となって、ますます

肌によろしくない状態になってしまいます。

さらに

メラニンの黒い色素が排出されない

メラニンの黒い色素が排出されない肌

メラニンの黒い色素が剥がれ落ちずに

肌に残ってしまって

 

  • しみ
  • そばかす

 

の原因になります。

生活紫外線のダメージが蓄積されると

生活紫外線のダメージが蓄積された肌

 

  • コラーゲン
  • エラスチン

 

がダメージをうけて

 

  • しわ
  • たるみ

 

ができやすくなります。

漁師や農家の方の肌がごわごわして

深いしわが刻みこまれているのは

1年中直射日光を浴びているからです。

直射日光

紫外線によるダメージを防ぐ方法

 

  • キメがみだれる
  • シミ・そばかす
  • 黄ぐすみ
  • しわ・たるみ

 

などの紫外線によるダメージは

日焼け止めでかなり防げます。

 

強力なのに美肌に見える日焼け止め

強力なのに美肌に見える日焼け止め

(CCクリーム/日やけ止め) 35g

SPF50+  PA++++

 

日焼け止め効果が高いのに

肌がキレイに見える

CCクリームの日焼け止めです。

 

エバーピンク
欲ばりサンスクリーンαの効果

 

  • 天然由来成分でSPF50+  PA++++を実現
  • 肌色補正をしてくれる下地クリーム
  • プロのヘアメイクが監修したカラーでくすみをカバー。
  • メイク効果で小じわをカバー。
  • 肌の凹凸を目立たなくして、メイクのノリをアップ。
  • のびやすくて白浮きしにくい。自然な仕上がり。
  • シミ隠しのコンシーラーとして使える。
  • パソコンやスマホから出ているブルーライトもカット。

 

SPFとは

 

サンプロテクションファクター

(Sun Protection Factor)

を略したものです。

 

UV-Bを防ぐ効果を表します。

数字が大きいほど効果が高いです。

 

UV-Bとは

「レジャー紫外線」といわれます。

 

いわゆる夏の日焼けの原因となる

4月~9月がピークの

強いエネルギーの紫外線です。

 

UV-Bの数値が高いほど

肌が赤く炎症を起こすのを防ぎます。

 

現在最高値はSPF50。

 

PAとは

UV-Aを防ぐ効果を表します。

 

「+」が多いほど

肌が黒くなるのを防ぎます。

 

UV-Aとは

「生活紫外線」といわれます。

紫外線の9割をしめていて、1年中ふりそそぎます。

 

日常生活の中でつねに肌に害をあたています。

 

UV-Aの有毒性が明らかになって

PAの最高値は2013年に4段階まで増えました。

 

 

「エバーピンク」は最高水準

「エバーピンク欲張りサンスクリーンα」は、

紫外線を最高水準で防ぐのに

美容液が配合されていてたっぷり潤うので

 

  • 毛穴
  • シミ
  • しわ

 

もしっかりカバーできます。

肌に透明感がでて

めちゃくちゃキレイにみえますよ。

肌が綺麗な女性

化粧くずれもしにくくて

年齢肌に最適な日焼け止めです♪

 

ベタベタしないし、

普通の洗顔でおとせます。

 

シワはできる前の予防が大切

シワやたるみやシミができてしまうと、

改善するのに時間もお金もかかるので

できるだけ紫外線を防ぐようにすると

 

簡単でお得に美肌を保てますよ♪

うるおう肌

トップにもどる

サイトマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*