【シミを薄くする成分】最強2つはコレ!

シミを薄くする成分

最強2つはコレ!

 

 

ハイドロキノン

ビタミンC誘導体

 

 

シミに効く成分の選び方

 

シミ

 

シミケア化粧品

配合されている

シミに効果的な成分

大きく2種類にわけられます。

 

 

 

シミをできにくくする成分

今できているシミを薄くする成分

 

 

 

 シミをできにくくする成分

シミのない肌

 

 

ハイドロキノン誘導体(アルブチン)

カモミラET

プラセンタエキス

トラネキサム酸

 

 

メラニンがつくられるのをおさえて

シミの原因となる

色素沈着ができないようにします。

 

 

今できているシミを薄くする成分

 

シミのある肌

 

 

ハイドロキノン

ビタミンC誘導体

4MSK

リノール酸

 

 

すでに黒い色素となっている

メラニンの色を薄くします。

 

今できているシミを薄くする2つの成分

 

シミのない美肌

 

 

メラニン排泄型

メラニン還元型

 

 

 

メラニン排泄型

 

 

4MSK

リノール酸

 

 

肌の生まれ変わりをうながして

シミとなっている

 

皮膚の角質をはがれやすくして

シミを薄くしていきます。

 

 

 

メラニン還元型

 

 

ハイドロキノン

ビタミンC誘導体

 

 

 

メラニンの黒い色素を

薄くしていきます。

 

 

今できているシミを
薄くするのに効果的な成分

 

シミ

 

 

ハイドロキノン

ビタミンC誘導体

 

 

 

ハイドロキノンのシミを薄くする効果

 

シミのない肌

 

 

攻めの美白

守りの美白

 

 

ハイドロキノンは

「攻めの美白」

です。

 

「肌の漂白剤」

ともいわれていて

 

メラニンの黒い色素を

薄くしてシミを除去する

 

強力な美白効果があります。

 

シミをおさえる

「守りの美白」

の効果もあるので

 

シミに効果的な

ダブルパワーをもっています。

 

ハイドロキノンのデメリット

 

強力な美白効果を

もっているのですが

 

安定性が悪くて、

紫外線にあたると

酸化してしまって

 

効果を発揮できなくなったり

する問題がありました。

 

そして

 

安定して美白効果を

出せるように開発されたのが

「ハイドロキノン誘導体」です。

 

 

「ハイドロキノン誘導体」の
シミを薄くする効果

 

シミのない肌

 

ハイドロキノンにくらべると

シミを薄くする効果は

弱くなりますが

 

 

シミができないようにする

できてるシミを薄くする

 

 

という効果は同じで、

副作用はほとんどありません。

 

ハイドロキノンは

日本人には刺激が強すぎて

肌トラブルの原因となりました。

 

だから

 

肌が白くなっても

かえって肌が汚く

見えてしまったりすることも。

 

なので、

 

日本人の肌には

「ハイドロキノン誘導体」

 

肌にやさしく

シミを薄くした方が

 

肌がキレイに見えて

おすすめです。

 

 

ビタミンC誘導体の
シミを薄くする効果

 

シミのない肌

 

 

シミができないようにする

できてるシミを薄くする

 

 

ビタミンC誘導体は、

シミを予防するだけじゃなく

 

すでに黒くなっている

肌の色を白くする効果が

 

唯一厚生労働省

認められている成分です。

 

 

ビタミンC誘導体の特徴

 

ビタミンC誘導体の特徴は、

強力な抗酸化力。

 

 

抗酸化力とは

 

肌の細胞の酸化を

おさえる力です。

 

酸化は、

全ての老化現象の原因

ともいわれていて、

 

シミも酸化が原因です。

 

 

ビタミンCの抗酸化力

 

ビタミンCの抗酸化力

医療でも認められていて

 

アメリカではガンの治療として

点滴にビタミンC

使われています。

 

ビタミンCの抗酸化力を

こわさないように

 

肌の中に「誘導」してから

効果を発揮させるように

 

改良されたのが

「ビタミンC誘導体」

です。

 

 

シミの原因は酸化

 

肌の酸化

 

シミができるのは、

紫外線が体にはいることで

細胞が酸化することが原因です。

 

紫外線が酸化すると、

つぎつぎに細胞をこわしていって

 

しわたるみだけじゃなく、

皮膚ガンなど

深刻な病気になってしまいます。

 

そこで、

 

細胞を酸化させないように

黒い色素を出して

 

有害物質を吸収し

体を守るのが「メラニン」

 

 

酸化をおさえれば
メラニンは発生しない

 

美肌の女性

 

抗酸化力の強い

ビタミンC誘導体

肌に浸透させると

 

細胞の酸化を

おさえられるので

 

メラニンが

発生しなくなります。

 

 

シミを薄くする
成分の効果を
最大限に引き出す方法

 

美白女性

 

できてしまったシミを

効果的に消すには

 

保湿が重要なポイントです。

 

肌表面を潤す保湿ではなく、

 

肌の内側に

うるおいを与えられる

 

保湿成分が配合されていると、

より効果的にケアできます。

 

アンチエイジング成分が
シミを薄くする

 

保湿成分

 

シミを薄くする成分だけじゃ

シミは消えません。

 

シミができるということは

肌の細胞が老化している

ということなので

 

肌の細胞の再生

うながすことが必要です。

 

なので、

 

シミを薄くするには

アンチエイジング成分も

一緒にとると

 

シミを薄くする効果が

高くなります。

 

アンチエイジング成分

 

 

フラバンジェノール

 

 

東洋新薬が開発した

ポリフェノールです。

 

ポリフェノールは

強い抗酸化力をもっています。

 

抗酸化力が強いと、

肌の老化を防ぎます。

 

こどもの肌

 

フラバンジェノールは

ポリフェノールの中でも

抗酸化力が高く、

 

とくに

強い美容効果をもつ

と話題になっている成分です。

 

 

フラバンジェノールの
アンチエイジング効果

 

美肌の女性

 

 

シミをおさえる

シワをおさえる

美白効果

肌に弾力やハリを出す

肌にツヤを出す

 

 

 

乾燥すると
シミができやすくなる

 

乾燥

 

紫外線

乾燥すると肌にダメージを

うけやすくなります。

 

乾燥していると

皮膚がかたくなって

 

古い角質が

はがれにくくなるので

シミができやすくなります。

 

乾燥によって
肌がうけるダメージ

 

乾燥によってダメージを受けた肌

 

 

古い角質が
肌にいつまでも残る

 

紫外線から影響をうけやすく、
メラニンが沈着しやすくなる

 

キメが乱れる

 

肌の色がくすむ

 

角質が固くあつくなって、
美白成分が浸透しない

 

 

 

乾燥を防ぐ方法

 

保湿

 

 

 

保湿をすると
シミが薄くなりやすくなる

 

保湿をして肌がうるおう女性

 

肌の生まれ変わりを

促進するので

 

 

古い角質がとれやすくなる

シミの濃い部分が剥がれていく

シワも防ぐ

 

 

 

全体的に

顔の色が明るくなります♪

 

 

シミを薄くするのに
おすすめの保湿成分

 

保湿成分

 

 

セラミド

ヒアルロン酸

コラーゲン

 

 

保湿成分のおすすめは
セラミド

 

 

セラミドには、

 

湿度が0%になっても

肌内部のうるおいをキープする

 

高い保水力があります。

 

保水

 

肌の中で水分を

たっぷりかかえこんで

 

水分を蒸発させない

はたらきがあるので

 

保湿成分の中では

 

もっとも

肌に水分を保つことができる

成分です。

 

 

シミを薄くする化粧品

 

シミトリー

シミトリー

 

 

シミトリーの
シミを薄くする成分

 

 

ハイドロキノン誘導体

ビタミンC誘導体

 

 

できてるシミを薄くする

2大成分が入っていて、

 

 

シミをおさえる

できてるシミを薄くする

 

 

高い効果を期待できます。

 

シミトリー

 

シミを薄くする成分を
浸透しやすい肌にする

 

シミトリーには

高い保湿力をもつ

 

セラミドが

配合されているので

 

固くなって

皮膚にシミとして残った

 

角質をやわらかくして

シミを剥がしやすくします。

 

やわらかい肌

 

シミを薄くする成分を
強力浸透

 

日本で唯一の美白処方

 

ラメラ構造のカプセルで

美白成分を強力浸透

 

シミを薄くしていく成分を

皮膚と同じ

「ラメラ構造」にすることで

 

シミの濃くなっているところに

しっかりと浸透します。

 

 

ラメラ構造とは

 

水分と油分を

ミルフィーユのように

重ねている構造で

 

ラメラ構造

 

赤ちゃんはラメラ構造が

ほぼ完ぺきに近い状態。

 

赤ちゃんのラメラ構造

 

年齢とともに乱れていきます。

 

ラメラ構造年齢による乱れ

 

ラメラ構造が乱れると、

紫外線の影響をうけやすくなって

肌の老化がすすみます。

 

 

ラメラ構造を整えるには

 

年齢とともに、

 

気温

湿度

紫外線

ストレス

ホルモンバランス

健康状態

摩擦

 

いろんな事が原因となって

ラメラ構造は乱れていきます。

 

体のもつ自然の力では

ラメラ構造を整えることは

難しいので、

 

 

ラメラ構造を整えるには、

化粧品で補うのがベストです。

 

シミトリーのラメラ構造について詳しくはこちら

 

 

オールインワンジェルが
シミを薄くする

 

 

化粧水

乳液

美容液

 

 

などを何度も肌にぬり重ねると

それだけ摩擦がおきます。

 

摩擦によって

メラニンが発生して、

 

 

シミ

くすみ

 

 

の原因となってしまうので

 

 

肌に塗る回数は

できるだけ少ない方が

シミの原因を作りません。

 

 

シミを薄くする目的の

化粧品としては、

 

オールインワンが理想的です。

 

シミトリーは
渡辺美奈代さんの
美肌を作ってます

 

シミトリー

 

シミトリーの口コミ

 

 

透明感のある肌に

 

毎日欠かさず使っていたら、

肌に透明感がでてきました。

 

以前はシミとくすみで

悲惨な状態だったのが嘘みたいです。

 

一時期はシミを消すために

レーザー治療をしようかと考えていたのですが、

 

シミトリー(SimiTRY)があれば

レーザー治療の必要はなさそうですね。

 

 

 

薄化粧で十分です

シミが酷くて、

コンシーラーやファンデーションを

厚塗りしていましたが、

 

今はもう薄化粧で十分です。

 

なぜかというとシミトリー(SimiTRY)で

シミのほとんどがなくなったからです。

 

わずかに残っているシミも

薄くなってきているので、

もうすぐでなくなりそうです。

 

 

 

羨ましがられます

 

人から容姿を褒められたことの無かった私が、

シミトリー(SimiTRY)を使うようになってからは

 

「シミがなくて羨ましい」

と言われるようになりました。

 

最近はスキンケアは何を使っているのかと

根掘り葉掘り聞いてくる人もいて

ちょっと困ってしまいます。

 

ですが誰よりも綺麗でいたいから、

シミトリー(SimiTRY)のことは秘密です。

 

 

 

おかげさまで気になっていた

小ジワとシミがなくなりました。

 

小ジワとシミがないと

やはり若々しく見えますね。

 

以前は実年齢よりも

老けて見られることが多かったのですが、

 

今では実年齢よりも

5歳ほど若く見られます。

 

日に日に肌の調子が良くなっていくので、

どこまで肌が綺麗になるか試してみます。

 

 

 

紫外線は毎日

あびずには生きていけません。

 

できるだけ早いうちに

シミのケアをしないと、

 

どんどんシミは

大きくなってしまいます。

 

紫外線増加傾向

 

この先の人生の中で、

 

今日がいちばん

若い日です。

 

シミのケアは

始めるのが早ければ早いほど

薄くなりやすいですよ。

 

 

顔からシミがなくなるだけで、

10歳は若い印象になります。

 

サチラ42歳

42歳

 

コンシーラーやパテで

隠さなくてもよくなるから

 

化粧品代が

かからなくなりますよ^^

 

下地だけで綺麗な仕上がり。

 

 

ファンデーションも

うすくつけるだけで

綺麗に見えるので感動です。

 

 

肌が綺麗になるだけで、

きちんとした人

という印象をもってもらえますよ^^

 

上品な人

 

今なら日焼け止めクリームが

ついてくるのでお得に買えます♪

 

シミトリー公式サイトはこちら

薬用シミトリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*