40代の「老けない肌」に効果的なスキンケアとは?

正しいスキンケア、してますか?
間違ったスキンケアを続けると
肌はどんどん老化していきます。

劣化してしわしわになったフルーツ

 

40代のスキンケアは

ターンオーバーを正常にすることが

キメの細かい美肌にするコツです。

 

肌のターンオーバーが順調な女性

 

肌がどう生まれて育つのかを知って

肌にとって本当に必要なことだけをする。

 

ターンオーバー(肌の生まれ変わり)正常にすると、

 

  • みずみずしくて
  • 透明感のある

 

肌を保つことができます。

間違ったスキンケアを続けてしまうと

 

年を重ねるにつれて、どんどん

肌が衰えていってしまいます。

 

肌のしくみ

肌は大きくわけると

 

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

 

から成り立っています。

肌のしくみ

 

皮膚の厚さ

皮膚の厚さってどのくらいかご存じですか?

 

スキンケアで効果が期待できるのは

表面の角質層です。

 

厚さは0.02ミリくらい。

皮膚の構造

 

おかずを包むラップ1枚と同じ厚さです。

とても薄いので傷つきやすく、

 

マッサージやスクラブなどのスペシャルケアは、

美容のプロでもないと、肌を傷つけずに行うのは

難しいんです。

 

私たちがスキンケアできるのは

顔の表面にあって、目に見える表皮です。

 

表皮は、ターンオーバーによって作られます。

皮膚の断面図

 

ターンオーバーとは

基底層

 

表皮は、真皮との境目にある

 

  • 基底層

 

で毎日生まれています。

生まれたばかりの基底層は、

ふっくらみずみずしい細胞です。

 

そして4週間ほどかけて、

だんだん形を変えていきます。

たんぱく質を作る有棘層

有棘層

保湿成分を作る顆粒層

顆粒層

レンガのように肌を守る
角質細胞

角質細胞 細胞間脂質

出典:サンレック株式会社

そして、角質層に2週間とどまって

 

  • バリア機能
  • 保湿機能

 

などの役目をはたします。

バリア機能が正常な肌

 

役目がひととおりおわると

垢となってはがれていきます。

 

このサイクルが

 

  • 表皮のターンオーバー

 

(肌の生まれ変わり)です。

 

年齢を重ねるほど

ターンオーバーに日数がかかります。

 

年齢によるターンオーバー周期の変化

出典:Mi:Lagre

なので、スキンケアで

ターンオーバーを助けてあげると

みずみずしい肌をキープしやすくなります。

みずみずしい肌の女性

肌の表面は

皮脂と汗が混じりあってできる

「皮脂膜」で覆われていて

 

紫外線などのダメージから肌を守っています。

紫外線は、肌細胞を傷つけるので

 

  • シミ
  • シワ
  • ニキビ
  • くすみ

 

の原因になります。

 

紫外線から受けるダメージをおさえると

肌は驚くほどキレイになります。

 

スキンケアの正しい知識があると

キメが細かく、しわのない美肌を

ずっとキープできますよ♪

 

美肌をつくるコツ

肌のターンオーバー(生まれ変わり)

ちょっとしたことで乱れます。

 

ターンオーバーは、28日が理想的です。

大人になるとそのペースがどんどん遅くなって

40日以上もかかってしまいます。

年齢によるターンオーバー周期の変化

出典:Mi:Lagre

ターンオーバーの遅れが

「肌が老ける」大きな原因です。

 

表面に古い角質が溜まると

 

  • くすみ
  • ごわつき

 

の原因になって、

肌が厚く、硬くなるので

 

目もとなどに表情ジワがくっきりと

つきやすくなってしまいます。

 

表情ジワの種類

表情ジワの種類

 

  • シワ
  • くすみ
  • かさつき

 

といった老化現象は、ほとんどの原因が

ターンオーバーの乱れです。

 

ターンオーバーを正常にするには

 

  • 古い角質を取りのぞく

 

角質がきちんと剥がれ落ちることで

新しい肌細胞の生成がうながされる

 

というデータが

最近の研究で報告されました。

 

古くなった角質を取りのぞけば

新しい肌細胞がどんどん生まれて

 

肌がつるつるとなめらかになります。

 

古い角質を取りのぞく方法

 

  • ゴマージュ
  • スクラブ
  • 洗顔

 

などが角質除去のケアとしては一般的です。

 

ゴマージュ

ハーブなどの植物由来の原料を使って、

肌をやさしく擦り

古い不要な角質をお手入れするものです。

 

  • スクラブ
  • ポリマー

 

などのスクラブ素材(小さな粒)で

肌表面を擦って、摩擦で

 

  • 古い角質
  • 汚れ

 

洗い落とします。

ゴマージュやスクラブは、摩擦をともなうケアなので

セルフでやると肌に刺激がかかりやすいのでおすすめしません。

肌に刺激がかかると、肌を守ろうとする

防御作用がはたらいて

 

  • 皮膚が厚くなる
  • メラニンが作られる

 

と、美肌に遠くなってしまいます。

悲しむ女性

 

メラニンは、刺激をうけると

黒い色素を出して体を守ります。

 

そうすると

  • しみ
  • くすみ

の原因となるので、お手入れし過ぎると

かえって老化がすすんだりします。

 

キレイになろうとがんばったら

しみやくすみが出来てしまうなんていやですよね

(;´・ω・`)

肌をチェックする女性

洗顔

 

えっ洗顔?毎日ちゃんとやってるもん。

そう思いますよね^^

だけど、しっかり洗っているつもりでも

 

実は、洗顔が正しく出来てる人はとても少ないんです。

例にもれず、私もそうでした。

 

洗顔の目的

 

  • 汚れを取り除く
  • 古い角質を取り除く
  • 化粧水を浸透しやすくする

 

正しい洗顔をすると

化粧水がよく肌に浸透するようになるので

みずみずしくふっくらした肌に導きます。

 

質の高いスキンケア

 

汚れが十分におちていないと

せっかく高い美容液をつけても

充分に効果が発揮できません。

 

  • しっかり汚れを落とす
  • 肌に必要なものは奪わない

 

そんな洗顔が理想です。

洗顔後さっぱりした女性

 

  • 顔の洗い方
  • ふき方

 

正しい方法に変えるだけでも

肌の水分蒸散量がおさえられて

肌表面がなめらかになります。

 

洗顔後の水分のふき方による水分蒸散量の変化

 

正しい洗顔をすると

こんな肌トラブルが改善されます。

 

  • カサカサしてる
  • くすみ
  • 透明感がない

 

洗顔のポイント

ポイント1

たっぷりの泡で洗う

 

ねっとりとしてきめ細かい泡をたっぷり使うと

 

  • 毛穴の汚れを吸着

 

してくれて、手が直接ふれないことで

 

  • 摩擦によるくすみ

 

の原因もなくなります。

 

 

ポイント2

すすぎのお湯は38度以下

ちょっとぬるいと感じる温度

 

ポイント3

 

泡を転がすように洗う

 

洗いながらマッサージもしようとして

肌をゴシゴシしていませんか?

 

指が直接肌にふれると刺激をあたえやすいので

泡を動かす感じでやさしく洗いましょう^^

 

「正しい洗顔」をするだけで

クリニックやサロンに行かなくても

 

簡単に、お手頃価格でつるつる美肌になれますよ♪

 

洗顔を変えるだけで、

肌のしっとり感や透明感がかわります♪

43歳肌

 

10年後にも綺麗でいるために
本質的なエイジングケアを
はじめませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*